あなたの保証人に自己破産

破産をする人であなたの借り入れに対してほかに保証人が存在する場合は事前に相談をしておいた方が良いです。仕事 辞めたい アフィリエイト

ふたたび、強調しておきますが保証人が付いているときは、破産の前段階に前もって考えなければいけません。

その理由はもし破産宣告をしてOKが出れば、補償する立場の人が負債を全部払うことになってしまうからです。

だから、破産の前に、経緯とか現状について報告して謝罪をしておかなければならないでしょう。

保証人の立場からすると当然のことです。

破産の手続きをすることによって有無を言わせず数百万もの支払い義務が発生してしまうことになるのです。

以降の保証人となる人の取るべき方法は4つになります。

一つめは保証人自身が「全部弁済する」ことです。

保証人である人がいつでも大きな借金を問題なく返金できるといったような現金を持ち合わせていればできるでしょう。

でもその場合はそのまま破産せずその保証人に借金して自分はあなたの保証人に返済していくという形も取れると思います。

保証人がもしあなたと良いパートナーであるのであれば返金期間を延ばしてもらうことも不可能ではないかもしれません。

いっぽうでいっしょに返金が不可能な場合でも、金融業者も相談すれば分割支払いに応じてくれます。

あなたの保証人に自己破産を実行されてしまうと、お金がすべて返ってこないことになりかねないからです。

保証人がそれらの借金を代わりに払う経済力がないなら、お金を借りたあなたと同様に何らかの方法での債務の整理を選ばなければなりません。

2つめは「任意整理をする」処理です。

これは貸金業者と話すことにより、おおよそ5年弱の期間内で返済する方法です。

弁護士などにお願いする場合の相場は1社ごとにだいたい4万円。

7社からの契約がある場合だいたい28万円いります。

必要な債権者との示談を自分でしてしまうこともできますが法的な経験がない素人だと相手が自分たちにとって有利なプランを勧めてくるので、気を付ける必要があります。

くわえて、任意整理をするとしたとしてもその保証人に負債を立て替えさせることを意味するのですから長くかかるとしても保証人になってくれた人に支払っていくべきでしょう。

次は保証人も債権者と同じく「自己破産を申し立てる」場合です。

その保証人も返済できなくなった人と同じく破産宣告すればあなたの保証人の義務もチャラになります。

しかし、保証人が有価証券等を登記している場合は所有する私財を失ってしまいますし、税理士等の仕事をしているのであれば影響が出ることは必須です。

そのような場合は、個人再生による手続きを利用するといいでしょう。

では4つめの方法としては、「個人再生という制度を利用する」ことです。

戸建て住宅などを処分せず借金の整理を行う場合や、自己破産手続きでは資格に影響する職業に従事している方にふさわしいのが個人再生という制度です。

この方法の場合自分の家は手元に残りますし、破産申し立てのような職種制限、資格にかかる制限が何もありません。